読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢の三角木馬

ما رأيت وما سمعت

5月のベストアルバム10枚

もう6月になるとかアタイ信じない

 

 

1.「Ghost / Hypnotic Underworld

f:id:oz_tk:20150601220353j:plain

日本における本当の意味での「オルタナティブ」ロックとはこういう音楽なのかもしれない。

 

 

2.「Yoko Ono Plastic Ono Band / Take Me to The Land of Hell」

f:id:oz_tk:20150601220541j:plain

名だたるプロデューサー・演奏陣によって、Yoko Onoが持つ狂気を上手くポップミュージックと融合させた奇跡の作品。

 

 

3.「Converge / All We Love We leave Behind」

f:id:oz_tk:20120828091751j:plain

僕の中のメタルとハードコアの境界線を破ってくれた快作。

 

 

4.「Chris Clark / Turning Dragons」

f:id:oz_tk:20150601220951j:plain

テクノはテクノなのだけれど、どこか普通じゃないテクノ。聴くたびに新しい発見をする。

 

 

5.「Jamie xx and Gil Scott Heron / We’re New Here」

f:id:oz_tk:20150601221117p:plain

Jamie xxの音楽的見識を十分に知ることのできるリミックスアルバム。

 

 

6.「Smog / Knock Knock」

f:id:oz_tk:20150601221346j:plain

ボーカルBill Callahanのソングライティング力は底なし沼ではなかろうか。

 

 

7.「Lightning Bolt / Wonderful Rainbow」

f:id:oz_tk:20150601221459j:plain

かなりロックに接近しているノイズなので、とても聴きやすい。聴いた後には謎の爽やかさが残る。

 

 

8.「Sunn O))) + Ulver / Terrestrials」

f:id:oz_tk:20150601221641j:plain

Sunn O)))とUlverが作り出す深く暗いノイズの世界。何時間でも浸れる。

 

 

9.「Waxahatchee / Cerulean Salt」

f:id:oz_tk:20120811173406j:plain

どこか叙情的なパンクロックを、一曲目から最後まで十分に堪能できるだろう。

 

 

10.「Four Tet / Rounds」

f:id:oz_tk:20150601222047j:plain

真夏の夜明け前にぴったりの電子音楽。雰囲気出てる