読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢の三角木馬

ما رأيت وما سمعت

最近読んだ漫画を列挙する遊び

学校も長期休暇に入り、何も起こらない日々を漫然と過ごしていると、ブログ更新を含んだ創作意欲とかそういった諸々の活動に対してのやる気がドンドンドコドコ落ちていってる気がします。朝から晩までネットのくだらないサイトをサーフィングする日々。そんな自分をふと客観的に見てみて「こいつぁいけねえな」と思い、少し気持ちを切り替えて活動的になろうかなと考えております。そんなわけで久しぶりの記事です。よろしゅう

 

 

森島明子 / 女の子合わせ」

f:id:oz_tk:20150324012907j:plain

百合です。しかも結構ガッツリ気味のやつです。でも不思議とエロはあまり感じないんだなーこれが。女の子も可愛いけれど、女の子カップルも可愛いよねっていう話。この漫画から僕は森島明子の百合世界にハマっていくのであった…。(8.5点)

 

 

森島明子 / レンアイ・女子ファイル」

f:id:oz_tk:20150324013732j:plain

こちらも百合。「女の子合わせ」は短編集だったんだけど、こっちは全3話だったり前後編だったり一つの話がちょっと長くなったりしてるかな。学生同士がお互いに愛を育んでいくのも微笑ましいけど、社会人の百合での余裕のあるイチャつきっぷりも見ててさ…なんかこうさ…いいよね!(7.8点)

 

 

森島明子 / 半熟女子(1巻)」

f:id:oz_tk:20150324014555j:plain

百合です。女の子同士だから起こる心のすれ違いや、うまくいかない恋心を2組の百合カップルから見た作品。もしかするとこの作品は、百合とエロを結びつける風潮へのアンチテーゼを含む作品なのかもしれない。やっべ2巻買わなきゃ(8.0点)

 

 

高畠エナガ / Godspeed(1巻)」

f:id:oz_tk:20150324015545j:plain

アレだな、この巻だけ読むと「進〇の巨人」の5巻辺りまでを一気に読んでいるような気分になるな。まあでも十分面白くなりそうな要素はこの巻だけでもそこかしこに散りばめられてるから、 次巻に期待したいとこ。(7.0点)

 

 

雨隠ギド/ 甘々と稲妻(4巻)」

f:id:oz_tk:20150324020134j:plain

子供って思わぬところで傷付いたり、喜んだりするよね。そんな中でも子供は成長するし、大人は大事な事を気づかされたりする。子供は親の背中を見て育つ、って言うけど、大人も子供に育てられてる部分ってあるよね~(7.2点)

 

 

「namo / まどろみちゃんが行く。(1巻)」

f:id:oz_tk:20150324021134j:plain

色々とはっきりしない漫画だな。ブラックなギャグでいきたいのか、キャラ萌えゆるゆる日常系でいきたいのか、シュール系でいきたいのか。どれをとってもキレがなく、ダラダラ話が進んでいく。これでいいのか。(5.5点)

 

 

「缶乃 / サイダーと泣き虫。」

f:id:oz_tk:20150324021713j:plain

百合短編集だけど甘く見てました。一話目から強烈なパンチくらった気分になりました。「そうか、こういう百合もあるのか」と。「というか、これは百合なのか」と。いや、しかしこれは百合なのだろう。どんな形であれ。(8.0点)

 

 

「柚木涼太 / ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている。(1巻)」

f:id:oz_tk:20141203180550j:plain

タイトルからしてブッ飛んでますが、内容もかなりブッ飛んでます。頭のネジ一本か二本抜けてないとこんな漫画描けないと思います。でも出てくる女の子はみんな可愛いです。〇〇〇〇〇されるけど。(7.1点)

 

 

雨隠ギド / 終電にはかえします」

f:id:oz_tk:20150324023014j:plain

これはとても良い百合漫画だった。お互いの心に触れたいけど触れられないもどかしさって、傍から見るとやきもきするけどどこか「可愛いなあ」って思えてきちゃう部分もあるよね。そういう青臭さとか甘酸っぱさをほのかに匂わせてくれる短編集だった。たまに読み返したくなる作品になるんじゃないかな。(9.2点)